アゲハチョウの特徴や幼虫の飼育方法を紹介!!

2019年1月28日

アゲハチョウの特徴や幼虫の飼育方法を紹介!!

アゲハチョウの幼虫はミカンやキンカンなどの柑橘系の葉っぱによくついています。見かける機会も多く、捕まえて飼育してみたい人も多いと思います。今回の記事ではアゲハチョウの幼虫の飼育方法を紹介します。

 

 

アゲハチョウの幼虫の飼育はとても簡単です。当たり前ですが、アゲハチョウの幼虫を飼育していると孵化する姿を見ることができます。

 

幼虫から蛹になり、孵化して成虫になる姿を観察することができるので、子供の自由研究などにもいいと思います。

 

今回の記事ではアゲハチョウの幼虫の飼育方法について紹介するので、アゲハチョウの幼虫を飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

アゲハチョウの特徴

 

 

アゲハチョウはナミアゲハとも呼ばれる種類で、4月6月8月10月頃と1年間に4回ほど産卵します。特に8月ごろに卵をよく見かけます。

 

ミカンやユズ、山椒などの葉に卵を産むので、庭やベランダにミカンやユズなどの木を置いておくとアゲハチョウが来て産卵をすることがあります。

 

アゲハチョウの幼虫を飼育したい場合はミカンやユズなどの葉っぱに卵や幼虫がついていないか確認して見てください。

 

アゲハチョウの卵は黄色い色をしています。産卵して間もない頃だと白っぽいですが、時間とともに黄色味が増えて、孵化が近ずくと幼虫の姿が助けて見えるようになります。

 

アゲハチョウの幼虫は1齢〜6齢までの段階があります。脱皮を繰り返すことで大きくなり、蒸してから4〜6週間ほどで蛹になり、その後2週間ほどで羽化して成虫になります。

 

1〜4齢までは鳥のフンに擬態していて、黒い体に白い模様が入っています。1〜4齢までは細かい棘のような突起がたくさんあります。

 

5齢になると体色は緑色に変化します。緑色になると餌を食べる量も多くなります。6齢になり、体長が4cmを越えてくると蛹になります。

 

 

 

アゲハチョウの幼虫の飼育方法

 

 

モンシロチョウの幼虫はキャベツなどを食べますが、アゲハチョウは柑橘系の葉っぱを食べるので、アゲハチョウが食べられる葉っぱを用意しておきましょう。

 

餌をちゃんと用意することができれば飼育はそれほど難しくありません。ミカン科の葉っぱがたくさん必要になるので、アゲハチョウの幼虫を飼育する場合はミカン科の木を購入しておくようにしましょう。

 

アゲハチョウの幼虫を育てるときはミカン科の枝を切り、枝を水差しに入れてケース内に設置するか、枝を切った場所に濡れたティッシュを巻いて、ラップを被せておきましょう。

 

あとはアゲハチョウの幼虫とミカン科の葉っぱを飼育ケースの中に入れておくだけで飼育することができます。

 

 

 

アゲハチョウの成長過程

 

 

アゲハチョウは孵化してから1〜2ヶ月程度で成虫になります。

 

孵化したばかりはみんなが知っている見た目ではありません。孵化したばかりはトゲトゲがたくさんあって、毛虫のような見た目をしています。

 

3齢ぐらいになると鳥のフンのような見た目になります。鳥のフンに擬態することによて、捕食されないようにしています。

 

5齢になると綺麗な緑色になって、背中には目のような模様がある、みんなのイメージするアゲハチョウの幼虫になります。

 

アゲハチョウの幼虫は身の危険を感じると首の後ろから、黄色い角を出します。これは臭角と呼ばれるもので、独特の匂いを発します。

 

6齢になって蛹になる準備に入ると葉っぱを食べなくなります。葉っぱを食べなくなったら蛹になるのが近いので、あまり触ったりせずに静かに観察するようにしましょう。

 

 

オオムラサキの幼虫を飼おう!特徴や飼育方法を紹介!!

クロアゲハの幼虫の特徴と飼育方法を紹介!!

世界一うつくしい昆虫図鑑

研究者が教える動物飼育 第2巻 -昆虫とクモの仲間-