カブトムシはどんな木にいる?カブトムシが集まる木の探し方を紹介!!

2019年1月30日

カブトムシはどんな木にいる?カブトムシが集まる木の探し方を紹介!!

カブトムシはどんな木にでもいる訳ではありません。カブトムシを捕まえようと思ったら、カブトムシが集まる木を探すのが良いと思います。今回の記事ではカブトムシが集まる木を紹介します。

 

 

カブトムシやクワガタを採取するためには、カブトムシやクワガタが集まる木を探すのが良いと思います。

 

採取する場所や地域によって、集まる木は違います。カブトムシやクワガタは様々な木に集まるので、全てを紹介することはできないので、カブトムシが集まる有名な木を紹介します。

 

今回の記事ではカブトムシが集まる木について紹介するので、カブトムシを捕まえて見たい方はぜひ読んでみてください。

 

カブトムシにはどんな種類がいる?人気のカブトムシを紹介!!

 

カブトムシが集まる木とは?

 

クヌギ

 

 

クヌギはカブトムシやクワガタが集まる木をしてとても有名です。クヌギは表皮が暑くゴツゴツしています。

 

樹液もよく出て、樹液の匂いを嗅ぐと甘酸っぱいような匂いがします。この樹液の匂いによって様々な昆虫がクヌギに集まります。

 

クヌギの葉が細長く、裏側には毛が生えていません。クヌギにはカブトムシやクワガタなどの昆虫が良く集まるので、カブトムシを捕まえに行ったら、まずはクヌギの木を探してみるのが良いと思います。

 

コナラ

 

 

コナラはクヌギと並んでよく生えている木です。クヌギよりも樹皮が薄いです。とても強い木なので、大抵の森や林にはコナラが生育されています。

 

樹皮が薄いから樹液が出やすいです。クヌギの方がカブトムシやクワガタが集まってきましが、コナラにも集まるので、コナラを見つけられ枝回りなどを観察してみるとカブトムシやクワガタを見つけることができます。

 

 

ニレ

 

 

ニレは大きな木で、自然に育っているニレはとても大きいです。ハルニレとも呼ばれています。

 

葉は桜と似ています。樹液もよく出る木で、ウロができていることも多いので、カブトムシやクワガタが集まりやすい木です。

 

ウロができていることも多いので、オオクワガタやヒラタクワガタを探している場合はハルニレを探してみるのが良いと思います。

 

サイズが大きくウロもよく出てきているので、クヌギよりもカブトムシやクワガタが集まっています。

 

ハルニレはカブトムシを採取するときに代表的な木なので、自宅近くなどにハルニレの気がないか探しておくと簡単にカブトムシを捕まえることができます。

 

 

カブトムシが集まる木の探し方

 

 

森や林の中に入るとどれが何の木見分けるのも難しいです。初めてカブトムシを採取する場合は木を見分けてカブトムシを探すのは面倒だと思います。

 

そう行った場合は縦に溝が入っている木や樹皮が凸凹している木を探しましょう。コナラもクヌギもハルニレも縦に溝が入っています。

 

クヌギは凸凹が大きいのに対してコナラは凸凹が少なく平坦な樹皮をしています。慣れてきたり、本などを確認しないと見分けるのはむずしいと思います。

 

なので、最初は樹皮が熱くゴツゴツしている木を探して、ウロや樹液が出ているところが無いかを確認してください。

 

 

カブトムシが集まらない木

 

 

樹液が出ていてもカブトムシが集まらない木があります。簡単にいえば、樹皮が厚い木にはカブトムシが集まりやすく、樹皮が薄い木にはカブトムシが集まりません。

 

樹皮が薄い木は傷がつくと菌などから身を守るために、樹液に抗菌成分が含まれています。抗菌成分はあまり美味しく無いようなので、樹皮が薄い木にはカブトムシは集まりません。

 

樹皮が薄いか厚いかで見分けることができるので、この方法であれば効率よくカブトムシのいる木を探すことができます。

 

カブトムシを飼おう!カブトムシの飼育方法を紹介!!

世界一うつくしい昆虫図鑑

研究者が教える動物飼育 第2巻 -昆虫とクモの仲間-