デザートヘアリースコーピオンの特徴や毒性・飼育方法について紹介!!

デザートヘアリースコーピオンは砂漠に生息しているサソリです。砂漠に生息しているので、体色は黄色っぽくて森に生息しているサソリとは見た目が違います。ペットとして飼育することもできるので、飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事ではデザートヘアリースコーピオンの特徴と飼育方法について紹介します。

 

 

デザートヘアリースコーピオンは砂漠に生息しているサソリの中ではペットとして飼育されることが多い種類です。

 

薄い黄色っぽい体色が特徴的なサソリで、ハサミが小さくて毒性の強いサソリです。なので、飼育する際は取扱に注意が必要ですが、ペットとして飼育することができる種類です。

 

今回の記事ではデザートヘアリースコーピオンの特徴と飼育方法について紹介するので、デザートヘアリースコーピオンを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

デザートヘアリースコーピオンについて

 

 

デザートヘアリースコーピオンは名前の通り砂漠に生息しているサソリです。体は小型で挟みも小さいので、それを補うために猛毒を持っています。

 

毒を持っていますが、扱いに気をつければ飼育することができるサソリです。乾燥して地域に生息していて、乾燥した環境で飼育することができるので、飼育自体は比較的簡単です。

 

デザートヘアリースコーピオンの寿命は10年程度になります。自然下では20年ほど生きることがあるので、飼育する際は長生きできるようにしっかりと飼育環境を整えるようにしましょう。

 

 

 

デザートヘアリースコーピオンの飼育方法

 

 

デザートヘアリースコーピオンは気性の荒いサソリなので、複数飼育すると喧嘩をしてしまうので気をつけてください。

 

基本的には単独飼育にして、複数飼育する場合は毎日喧嘩をしていないかよく確認するようにしましょう。

 

デザートヘアリースコーピオンは乾燥した地域に生息しているので、湿度は50%以下で、室温は28度前後になるようにしましょう。

 

厳しい環境に生息しているサソリなので、多少温度が下がっても問題なく飼育することができます。ただ、湿度が高い環境だと体調を崩してしまうので、湿度には十分気をつけましょう。

 

床材は砂漠の環境に合わせて、爬虫類用の砂のものやサンゴ砂などを資料するのがオススメです。

 

床材は袋を開けたばかりだと湿っていることがあります。湿っている場合は一度タライなどに出して、天日干しして水分を飛ばすようにしましょう。

 

湿度が上がり過ぎないように飼育ケージは風通しのいいものを選びましょう。爬虫類用のケージは風通しがいいのでオススメです。

 

飼育ケージ内には水入れに水をいれて設置しておきましょう。水は毎日交換するようにしましょう。

 

デザートヘアリースコーピオンは砂漠に生息しているサソリで、乾燥した地域に生息していますが、砂漠と言ってもいつも乾燥しているわけではありません。

 

夜露によって湿度が上がる時があります。デザートヘアリースコーピオンは夜露から水分をとることもあるので、飼育する際は2〜3日に1回ほど霧吹きをするのがいいと思います。

 

 

 

デザートヘアリースコーピオンの餌について

 

 

デザートヘアリースコーピオンを飼育する場合はコオロギやデュビア、レッドローチなどの生き餌を与える必要があります。

 

個体によっては乾燥の餌や冷凍の餌を食べることもできるので、試してみるのもいいと思います。冷凍や乾燥の餌の方が管理が楽で飼育も楽になるのでオススメです。

 

コオロギは動きも早いので、デザートヘアリースコーピオンが捕食できないことがあります。なので、コオロギを与える場合は後ろ足を切ってから与えるようにしましょう。

 

餌の頻度はベビーであれば1日に1回食べるだけ与えて、アダルトの場合は週に2回ほど与えるようにしましょう。

 

サソリはそれほど餌を食べるわけじゃないので、あんまり餌を食べなくてもそれほど心配しなくても大丈夫です。

 

サソリはお腹がいっぱいになると餌を食べなくなるので、数匹ケージにいれて、翌日食べ残しがあったら取り除くのがいいと思います。

 

 

 

デザートヘアリースコーピオンを飼育するときの注意点

 

 

最初にも少し紹介しましたがデザートヘアリースコーピオンは非常に強い毒を持っています。

 

オブトサソリのように人の命に関わるほどの毒を持っているわけではありませんが、刺されると非常に痛いので刺されないように注意してください。

 

デザートヘアリースコーピオンを飼育する場合は手袋とピンセットを用意して刺されないようにしっかりと対策をしておくようにしましょう。